【会員登録不要】10分だけ使える使い捨てメールアドレスで、迷惑メールや広告メールにさよならする



最近のウェブサービスでは、電子メールのアドレスを使って会員登録をしなければ使えないことも多いものです。そのたびにメインで利用しているメールアドレスを入力していると、いつの間にか受信ボックスが大量の迷惑メールや広告メールで溢れることに……。そういった不要なメールを毎日選択してゴミ箱に移すなんて、時間の無駄です。

 


10分間だけ使える使い捨てメールアドレス

最初の会員登録時にメールアドレスが必要なだけなら、使い捨てのメールアドレスを使ってみてはどうでしょう。10分以内にメールを読んで会員登録の認証を済ませてしまえばよいのです。この使い捨てメールアドレスのよいところは、次の点です。

  • 情報漏洩の心配がない: 登録したサービスから、住所や名前と一緒にメールアドレスが流出することはありません。
  • 迷惑メールと縁が切れる: メールアドレスが流出して、いつのまにか大量の迷惑メールがくるようになってしまう……なんて心配も不要です。
  • 広告メールとも縁が切れる: 登録したサイトからの広告メール(ダイレクトメール)もきません。広告メール不要の設定にしてあっても、なぜか広告メールを送ってくる通販サイトとかありますよね。

 


10分メールアドレスが発行できるサイトとその使い方

サイトのリスト

  • 10分メアド: 日本語OK。メールアドレスの有効期間を10分ずつ延長可能。
  • 10 minute mail: 日本語OK。メールアドレスの有効期間を10分ずつ延長可能。
  • My10MinuteMail.com:英語のみ。メールアドレスの有効期間を10分ずつ延長可能。

 

上記サイトの使い方

どれも、サイトにアクセスするだけで10分間だけ有効なメールアドレスを発行してくれます。そのメールアドレスをコピーして、会員登録などで必要な[メールアドレス記入欄]に貼り付けるだけ。

 

その後、登録したサイトから有効なメールアドレスかを確認する確認メールが送られてくるのを待って、そのメールに貼り付けてある確認リンクをクリックするなどしてメールアドレスの確認手続きを済ませましょう。これで、もうこのメールアドレスは必要ありません。

 

※もし10分以内に登録確認メールがこなければ、上のどのサイトにも「有効期間を10分延長する」ボタンがありますので、それをクリックして確認メールが届くのを待ちましょう。

 


使い捨てメールアドレスを使わない方がよい場合

  • ログインして利用するSNSなどで、パスワードを忘れた時にメール経由で本人認証をするウェブサービス
  • キャンペーン等の広告情報をメールで受け取りたい場合

などは、その後使えなくなってしまう使い捨てのメールアドレスを登録すると意味がありません。迷惑メール覚悟でメインのメールアドレスを登録するか、迷惑メールや広告メールが来てもよいようなメールアドレスを利用しましょう。