Excelで5分、10分ごとの時刻表を作る方法

Excelで表を作成するとき、時間を1分や1時間ずつではなく5分ごとや2時間ごとなど少しスキップした幅の表を作りたい時ってありますよね。

でも普通に十字ポインタをドラッグしてコピーすると、同じ時間がコピーされるか、1分ごとずれた表ができあがってしまいます。

これを回避する一番簡単な方法は、上から3つくらいのセルまでずらしたい時間だけずらした表を入力してしまって、そのセルすべてを選択して十字ポインターでコピーすることです。エクセルが選択したセルの規則を読み取ってくれるので、あとはその規則通りに進めた時間でセルを作ってくれます。

WordPressでプラグインがインストールできない場合の解決法

先日WordPressのプラグインが不具合を起こしていたのですべてのプラグインを停止した後、またプラグインをインストールしなおそうとしたら

“ディレクトリを作成できませんでした”

というエラーが表示されるようになってしまいました。

検索するとプラグインフォルダのアクセス権限を修正すれば良いという解決法が多かったので試してみましたが、解決できませんでした。

いろいろ調べた結果、結論としては、前回プラグインをすべて停止したときに、pluginsという名前だったプラグインフォルダを~pluginsのように別の名前を付け替えておいたので、WordPressからはpluginフォルダが無いように見えてしまいインストールできなかったようです。ですので、そのフォルダがある階層にpluginsという新しいフォルダ(中身は空っぽでOK)を作成し、WordPressのダッシュボードからプラグインをインストールすることができるようになりました。

pluginsというフォルダを新しく作るには、FTPでWordPressをインストールしたサーバにアクセスする必要がありました。

ArXiv.orgで投稿した論文の画像・グラフが消えて真っ白になってしまうときの対処法

https://arxiv.org に投稿したら、投稿途中のlatexの処理は問題なかったのに、最終的に生成された論文中の図・グラフの部分がすべて真っ白になってしまいました。投稿途中のlatexの処理では問題なかったので気づかなかったのですが、投稿後にarxiv.orgから次のようなメールが届いてはじめて気が付きました。

件名:submit/******* needs attention

We do not accept submissions with figures missing, as it is unhelpful to readers and greatly reduces the archival value of a submission. 




メールの続きには図が重い場合にはGIFやJPEGなどの軽くなるフォーマットを使ってみてはなどといろいろ書いてあるのですがどれも効果がなく、図のフォーマットの問題ではないようでした。

結局効果があったのは、\documentclass{a4paper}と\begin{document}の間にある\usepackage{graphicx}や\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}をコメントアウトするか消してしまって、かわりに\usepackage[pdftex]{graphicx}を使うこと。特にarxiv.orgではdvipdfmxを使っていないので、こちらが問題を起こしていたようです。代わりにpdftexを入れておけば大丈夫です。

自分のパソコンにpdftexが入っていなければ、上記の書き換えをした後は自分の環境ではlatexのコンパイルができなくなってしまうのですが、書き換える前にコンパイルできて図が表示されていたなら、書き換えて投稿してしまって大丈夫です。arxiv.orgに原稿一式をアップロードした後、latexのコンパイルがサーバ上でうまくいっているか確かめることができますので、そちらでちゃんと図やグラフが表示されていることを確認しましょう。




WordPressをアップデートしたら画面が真っ白になったときの対処法

しばらくぶりにブログを更新しようとしたら、アップデートが溜まった状態になっていました。いくつかアップデートをした後、画面が真っ白になって操作できない状態になりました。もとのブログ画面も、WordPress管理画面も真っ白でした。

役に立ったのはこちらのページ wp.geek です。書かれている通り、サーバ管理ツールで wordpressディレクトリ/wp-content/の下のpluginsというフォルダを_plugins(先頭にアンダーバーをつけるなどして名前を変える)と書き換えたら、元のようにブログや設定画面が見られるようになりました。

結局どのアップデートが原因だったかわかりませんが、復旧後はまずPHPバージョンのアップデートをしてから、WordPressやそのプラグインのアップデートを順番にしていきました。結果、問題なくアップデートできたようです。PHPのバージョンが古すぎて、WordPress自体のアップデートができなくなっていたのが原因だったのかもしれません。

PHPのアップデートはサーバ上でこんな感じでした。一番古いPHP5.5.30からPHP7.1.2にアップデートしておきました。

パソコンでウィンドウが画面いっぱいに広がって小さくできない[ThinkPad X380 Yoga]

ThinkPad X380 Yogaを購入後、アプリなどのウィンドウが画面いっぱいに広がってしまって、普通のパソコンのように調整できなかったので対処法をメモしておきます。
続きを読む

FireMater Cracker(フリーソフト)でFirefoxのマスターパスワードを回復する方法

Firefoxでパスワードを記憶できる機能は便利ですが、セキュリティが心配です。記憶されているパスワードを保護するためにマスターパスワードをかけておくと多少セキュリティが強化されます。でも、肝心のマスターパスワードを忘れてしまっては元も子もない…という失敗をやらかしてしまいました。忘れてしまったマスターパスワードを回復するために、FireMaster Crackerというフリーソフトを試して成功したので、メモしておきます。

※マスターパスワードを割り出すソフトというのは、セキュリティや個人情報保護の点から悪用される可能性もあります。あくまで自己責任でお使いください。


続きを読む

Excel2007・2010・2013でマクロのコマンドボタンが押せない場合の対処法(VBA)

Visual Basic for Applications (VBA)などで利用する、Excelのコマンドボタンが、押したり編集したりできなくなっていました。コマンドボタンだけでなく、ActiveX系コントロール関係の挿入がすべてできなくなっています。2014年12月頃の、Windows Office系ソフトのアップデートが原因のようです。


注:更新プログラムが原因ではなく、Excelマクロの設定が原因で編集できない場合は以下の方法では解決しません。【Excel2007】マクロを実行するためのVisual Basic Editorが見つからない!解決法は?【Excel】マクロボタンを作ってVBAのプログラムを書くを御覧ください。または、ファイルを開いた時にページ上部に出てくるマクロに関する警告をクリックして、マクロを有効に設定してください(このページ下部に図入りで解説しています)。


 

対処法

アップデートが原因なので、更新プログラムの原因になった部分を削除すればこれまで通りに動くようになります。Cドライブ内で、「**.exd」(**の部分には文字列が入ります)という拡張子のファイル全てを削除すればよいという情報もあったのですが、私の場合はこれではうまくいかなかったので、結局更新プログラムのアップデート部分をアンインストールしました。

Windowsのスタートメニュー→コントロールパネル→プログラムと機能(もしくは「プログラムのアンインストール」)と選択していくと、プログラムのアンインストールができる画面になります。ここで、画面左上にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。

 command1


 

右上の検索窓に、自分が使用しているExcelが

  • Excel2007なら「KB2596927」
  • Excel2010なら「KB2553154」
  • Excel2013なら「KB2726958」

と入力して出てくるプログラムを選択します。名前やプログラムの欄の一部に「Microsoft Office」が含まれており、発行元が「Microsoft」、インストール日は2014年12月以降の日付になっているはずです。

これらを確認したら、「アンインストール」をクリックして更新プログラムを削除しましょう。これで、マクロボタンが有効になっているはずです(Excel2007・2010でこの対処法が有効であることを確認済みです。2013でもおそらく有効だと思われます)。

command2



 

マクロの設定が無効にされて、編集ができない場合は、ファイルを開いた時にExcel画面上部に出てくる警告をクリックして、マクロの設定を有効にしておきましょう。下の図はExcel2008の場合ですが、他のバージョンのエクセルでも同様の場所に警告が出ます。

 command3

 



 

理学・工学系の大学1・2年で読んでおきたい教科書「ファインマン物理学」が無料で読める!

大学の1・2年生で物理を履修する大学生にとって、「ファインマン物理学」は鉄板の1つです。この教科書全3巻の英語版が、ネットで無料公開されているので必読です。

英語と言っても、ファインマンの英語は簡単な単語ばかりでかかれており、むしろ翻訳版の日本語の評判が悪いので英語で読むことをおすすめします。

続きを読む