CentOSインストール後にインターネットに接続できない場合の解決策



Linusディストリビューションの1つ、CentOSをインストールした後にインターネットに接続できなかったので、いろいろ試した結果解決につながったことをメモしておきます。

CentOS

CentOSはLinuxの人気のディストリビューションの1つで、特に工学・科学系の分野でよく使われている印象です。


インターネットに繋がらない場合の対処法

CentOSはLinuxの人気のディストリビューションの1つで、特に工学・科学系の分野でよく使われている印象です。
CentOSをインストールした後、はじめてログインしてfirefoxを起動してみると、インターネットに接続されていない旨のメッセージが表示されました。いろいろ調べてみると、pingコマンドで接続を確認……とか出てくるのですが、私の場合は以下の方法で解決しました。参考にしたのは蔦箱もくもく雑記です。

インストール直後は、インターネット接続をしない設定になっていました。

設定ファイル

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-en***

をsu権限で開きます。***のところは環境によって違うようです。ifcfg-enで始まっているテキストファイルならそれで間違いないかと思います。ファイルの中で、

ONBOOT=no

となっている行があれば、

ONBOOT=yes

と書き換えて保存します。

参考にしたページでは

systemctl restart network.service

とコマンドを更にうつと書いてありましたが、私の場合は特に必要ありませんでした。ただし、モニターの右上にある電源マークをクリックして表示される「有線」という項目を「接続あり」の方に選択し直してください。私の場合は、ここがデフォルトで接続なしになっていたため、上記のONBOOTの書き換えを行ってもインターネット接続ができず苦戦しました。「接続あり」を選択すると、すぐ繋がりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です