【Cloud Latex】PCでもタブレットでも、文字コードを気にせずLatexをコンパイルできる!

Latexは数式を書くことが多い理系の文書作成には必須ですが、日本語があまり得意ではないのが弱点の1つです。例えば、Windowsで作成したLatex文書をMacで編集しようとすると、文字コードの違いからコンパイルできなかったり、文字化けしたり・・・ということが時々あります。逆もまたよく問題になります。

そこで、もうLatexをそれぞれのパソコンにインストールするのをやめて、ウェブ上でソースを書いてpdf作成までやってしまいましょう!これなら、タブレットやスマホ経由でもLatex文書の作成ができてしまいます。


 

Cloud Latex

Cloud Latex https://cloudlatex.io/ja

ウェブ上でlatexのソースを編集し、プレビューを見たりpdf作成までできてしまうというウェブサイトです。

  • 日本語や中国語など、様々な言語に対応
  • プレビューへの変換が即時にできる
  • 情報漏洩の心配がないので、論文作成などにも安心して使える

という点が売りなようです。最後の点については、100%の保証をもって安全といえるサービスはインターネットを経由する限りないとは思いますが・・・

とにかく、使ってみましょう。


 

Cloud Latexの使い方

ここで、Latex文書を書いてpdfに変換することまでできてしまいます!

まず、[試してみる]をクリックしてみましょう。

 cloudlatex


[add new project]をクリックし、[add from template]を選択すると、Scienceなど著名論文誌のフォーマットを利用できるようです。[ACS]のテンプレートを選ぶことにします。ちなみに、[add an empty project]を選ぶと自分で1からソースを書くことができます。

cloudlatex1


 

サンプルに文章があらかじめ書かれています。右側にプレビューとして、コンパイルするとどんなふうに見えるかも表示されます。

cloudlatex4


 

緑色の[PDF]ボタンをクリックすると、新しいページが開いてPDFファイルとしてコンパイルされたものが表示されます。日本語も打ち込んでみましたが、問題なく表示されました。

 

[add empty project]で1からソースを書こうとすると、なぜかコンパイルエラーが出て先に進めなかったので、とりあえずテンプレートを使って部分を書き換えながら使うのが安全かなと思いました。

 

本格的に使ってみるなら、トップページ(https://cloudlatex.io/ja)の[サインアップ]からユーザー登録しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です