デスクワークで座りっぱなしなら、ウンコ座りが意外といいことだらけ!

100023846_e8b0b5c629_zデスクワークで椅子に座りっぱなしだと、運動不足になるうえに下半身の血流が滞ってしまいます。そこで最近は、ずっと立ちっぱなしのスタンディングデスクを続けています。

参照記事:座り続けのデスクワークは体に悪い!試してわかった、立ったまま仕事(スタンディングデスク)のメリット・デメリット

ただ、ずっと立っていると足が疲れてしまうので、ときどきは椅子に腰掛けて休憩するようにしています。座る時も普通に座るのではなく、少しでも運動不足を解消できる座り方はないか……といろいろ試してみて結局行き着いたのが、いわゆるウンコ座り(ヤンキー座り)と呼ばれるあれです。


座り方

もう説明するまでもないと思いますが、和式トイレに座る要領で両足を開いて座ります。出来る限り、カカトを床や椅子につけるようにしましょう。

 

デスクワークをしている人の場合は、これを椅子の上でやることになります。人前でこの座り方をすると恥ずかしいので、残業中や自宅など人目がない状況でやりましょう。タイヤがついて移動できるタイプの椅子だと、よほど安定性に自信がない限り危険です。タイヤがついていない椅子ならば、グラグラしないよう注意すればそれほど危なくはありません。慣れてくれば、長い時間座っていられるようになります。

※足腰が弱っているなど、椅子の上で安定して座れない方はお控えください。

 


なぜこの座り方がベストなのか?

うんこ座りが運動不足気味な人によい理由は、

  • 腹部が圧迫されて刺激を受けるので、便秘解消になる
  • 運動不足な人があまり動かさない、足首(アキレス腱)の筋が伸びる
  • 脚を開き気味に座れば、股関節を柔らかくできる

などたくさんあります。

参考:うんこ座りが贅肉・冷え・便秘を解消

実際にやってみればわかるのですが、ほんの数分座るだけで、普段動かさない硬くなった筋が伸びます。体が硬い人だと、1分姿勢をキープするだけでも厳しいと思います。

 

私はスタンディングデスクに疲れたら、この座り方で休憩しています。座っている時間が長いので、少しでも健康によい座り方をと追求しています。


photo by THOR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です