1年後、なりたい自分になるために!夢リストとは?



500


 

以前書いた夢リストの記事が評判がよかったようなので、夢リストについての基本的な紹介をしておこうと思います。夢リストとはどんなもので、どんな効果が期待できるのでしょうか?


夢リストとは?

夢リストとは、自分の夢を100個書きだしたリストのことです。私は藤沢優月さんの本で読んだのが最初だと記憶していますが、誰が言い出したことなのか調べてもよくわかりません。

 

ただ、日本以外でも似たような方法はあるようです。101 DREAMS COME TRUE(英語)というサイトでは、101個の夢を書きだしたリストを作ることを推奨しています。今回はこのサイトの方法も参考に、夢リストについて紹介していきます。

 


夢リストの作り方・やり方

1.紙を一枚用意し、思いつく限り夢を100個書きだします。何時間かけてもかまいません。ある程度書いたところで、もうこれ以上何もない、と思ってしまう時がきます。そこからさらに時間をかけて考えていくと、フッとまたたくさん思いつく時がやってきます。「そういえば、小学校の時に習い事でやっていたピアノをまた再開したい」とか、「大学時代の同級生はどうしてるかな?久しぶりに連絡とってみようかな」とか……。「カンボジアにアンコールワットを見に行く」とか、ちょっと実現しそうにないなあと思っても書きます。とにかく、リストの項目が100個になるまで何時間もかけて考えます。大それた夢でも些細なことでも、なんでもOKです!

 

2.夢リストは、いつでも目に見えるところに貼っておきましょう。貼るのが恥ずかしいという人は、手帳の中にはさむなどしてもいいかもしれません。とにかく、たびたび目にするところに置いておくのがポイントです。

 

3.最低1週間に1度、夢リストを見直します。そして、達成した項目は横線で消していきましょう。このリストに書いたことを、なるべく多く達成できるように努力します。

 

これだけで、1年後のあなたは、今よりもっとずっと理想の自分に近づいています。

 


なぜ夢リストをつくるの?

夢リストには、次のような効果があります。

  • 目標をはっきりさせ、自分の近づきたい理想の姿を具体的に思い描けます。
  • やりたい、やらなければと思っていることを書きだすことによって、頭の中がすっきりしてストレスが軽減します。
  • リストの項目を実行していくことによって、夢を叶えていけます。書きださずにただ頭の中に思っているよりはるかに実現しやすくなります。

 

あなたも、夢リストをつくってみてはどうでしょうか。やりたいことを想像していくだけでも、楽しい作業です。

 


上で紹介した藤沢優月さんの本も紹介しておきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です