英語力の筋トレ、ディクテーションとは?



前回のシャドーイングに続いて、効果的に英語のリスニング力を鍛えられるディクテーションという方法を紹介します。ディクテーションは地道な作業をひたすら繰り返すので、楽しく英語が勉強できるという方向ではありませんが、リスニング力を本気で鍛えたいならこれが一番です。その地道さは、さながらスポーツにおける筋トレのようです。


ディクテーションの方法

  1. 英語の音源と筆記用具を用意します。英文は、1~5文くらいの短い文章のかたまりであれば理想的です。何度も繰り返し聞くこともあるので、あまり長い英文だと間延びします。
  2. 英文を流して、聞き取ってみましょう。聞き取れた文章をノートに書き取っていきます。実際に書き出してみるとわかるのですが、自分では聞き取れたと思っても1文まるごと聞き取れていることはまれです。実際は、重要な単語を拾って意味を推測していることも多いものです。拾えた単語以外の部分がわからなかったり、聞き取れなかったり、時間が足りなくて書き取れなかったりした場合は、何度も繰り返し再生してノートに書きとれるよう頑張りますもし聞いている英文の文章が本やウェブサイトなどに書いてあっても、絶対に答えは見ないで、自力で書き取っていきます
  3. 書き取り終わったら、ノートを見ながら音源に合わせて自分でも発音していきます。単語のつながりや発音、アクセント、リズムがうまく再現できるようになるまで、これも何度も繰り返し行います。ここまでがディクテーションの一区切りです。

どうしても聞き取れない箇所がある場合は?

上で説明したように、ディクテーションでは耳だけを頼りに、読まれる英文を書き取っていきます。でも、どうしても聞き取れないところは必ず出てくると思います。そんな時どうするかは、人によります。

  • 聞き取れなくても、絶対に答え(文章が書いてある教科書やウェブサイトなど)は見ない派(聞き取れない箇所はいったん飛ばして書き取る)
  • 何度も頑張って聞いてみて、どうしても聞き取れなかったら答えを見て次から書きとれるようしっかり発音練習すればOK派

私が最初にディクテーションという作業を知ったのは、「英語は絶対、勉強するな!」という本からですが、この作者は「絶対に答えを見ない派」でした。私は、何度も試してみて駄目だったら答えを見て練習すればそれでいいのではないかと思います。この本はCDが付いているので、すぐ練習ができて便利でした。結局答えが本に載っているので、答えを見たい誘惑と戦うのが大変でしたが。

 


ディクテーションの利点・欠点

利点

リスニング力・スピーキング力を上げるには本当にいい方法です。必ず力が付きます。

欠点

ノートに書き取るのがめんどくさいですし、地味な作業の繰り返しなので飽きます。でも、真剣にで英語力を磨きたいならまず最初にやってほしい方法です。

 


ノートに書き取るのが大変なので、私は今はディクテーションよりシャドーイングをやることの方が多くなりました。でも振り返ってみても、ディクテーションをやっていた時期は、本当に自分の英語力(特にリスニング力)が伸びたと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です