数式を書きたいときに便利な、インストール不要の手書き風10のフォント【windows版】

afont

数式の中の記号としてアルファベットを入力するなら、ヒゲのないa・筆記体のlなどが欲しいときがありますよね。ここでいうヒゲ付きとは、図のようにaの上から線がでてないことを言います。このヒゲ、正式にはヘアーラインと呼ばれているようです。ちなみに書き終わりの線はテールと呼ばれているみたいです。手で書いたように、ヒゲがつかないaなどを含むフォントでWindowsで使えるものはどういうものがあるのか調べてみました。

手書き風で数式に使えそうなフォント

自分でいちいち探すのはけっこう時間がかかるし大変なので、すぐ見られるようリストにしました。以下の条件で探しました。

  • WindowsまたはMicrosoft Officeに最初からインストールされていて、新たにインストールする必要がないフォント
  • aがヒゲ無しである
  • 極端に字が小さかったり、読みづらかったりしない
  • 過度な筆記体ではない

探した中でこの条件を満たすのは、次の10つです。

  • Segre Print
  • HGP行書体
  • Bradly Hand
  • Comic Sans
  • Harlow Solid Italic
  • Lucida Handwriting
  • Monotype Corsiva
  • MV Boli
  • Vijaya

アルファベットのサンプル例はこんな感じです。Lucida Handwritingは少し筆記体の癖が強いでしょうか。
afontMS

他にもいくつか、aのヒゲのないフォントはあったのですが、読みづらかったり字が小さすぎたりしたので、読みやすいものだけに絞ってあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です