Googleアカウントにログインしっぱなしなら、URL短縮はGoogle URL Shortenerが便利



最近のURLはとかく長くなりがちですが、twitterなど文字制限のある場合はURLもなるべく短くしたいものです。そんなとき便利なのが、URL短縮サービスです。

URL短縮サービスとは

リダイレクトを利用して、短いURLで元の長いURLで指定されたウェブページへのリンクを作成してくれます。以下にあげるのはほんの一例で、多くのURL短縮サービスがあります。使い方はどれも特に違いはなく、わかりやすいと思います。

  • URX.NU : 国産サービスで、リンク付きのQRコードも作成できます。
  • p.tl : pixivが運営している国産のサービス。サイトのデザインはかなりくだけた感じですが、問題なく使えます。
  • bitly : 世界的に人気のURL短縮サービス。ユーザー登録またはfacebook・twitter経由でサインインすれば、過去に作成した短縮URLがクリックされた回数もわかります。
  • UinyURL.com : こちらも世界的に人気があるようです。
  • Google URL Shortener : 下で詳しく紹介します。

 


Google URL Shortener

http://goo.gl/から利用できます。bitlyなどと同じく、作成した短縮URLがクリックされた回数がわかるので便利です。bitlyなどと同じく(※)、Google URL Shortenerでもログインしないと過去に作った短縮URLの記録をみることはできません(短縮URLの作成自体は、ログインしていなくても可能です)。しかし、GmailやGoogle Calenderを頻繁に利用していてログインしっぱなしにしている場合は、ログインする手間なしですぐ利用できますので、他のURL短縮サービスに比べて便利かと思います。

(※)bitlyは、キャッシュが残っている間はログインしなくても作成した短縮URLの履歴やクリック回数が見られるようです。キャッシュを消してしまったり、他のパソコンで作成した履歴を見たい場合はログインする必要があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です