【ImportExportTools】GmailのバックアップデータをThunderbirdで読むには?

Gmailに新しく実装された機能を利用して、メールデータのバックアップをとるの続きです。


Gmailのバックアップを開く

Gmailでバックアップをダウンロードできるデータは、初期設定のままだとzip形式です。解凍ソフトなどで解凍する必要があります。解凍後、[Gmail]というフォルダができ、その中にmbox形式のメールデータが入っています。

 

私が試したところでは、[Gmail]というフォルダの中に入っているファイルは文字化けしていました。他のソフトで読み込めるよう、名前を[test.mbox]と変更しておきました。

 


アドオンImportExportToolsをインストール

このGmailのmbox形式で保存されたデータをThunderbirdというメールソフトで読む方法を解説します。Thunderbirdは、こちらから無料でダウンロードできます。Thunderbirdは、初期状態のままではmbox形式のファイルを読むことができません。そこで、ImportExportToolsというアドオンをインストールして使います。

 

 

以下は、Gmailのデータに限らず、広くmbox形式のデータをThunderbirdで読み込んで利用する場合について書きます。

 

まず、Thunderbirdを起動します。画面右上の[メニュー]→[アドオン]と選択します。


 gmailbu6


 

次に、「アドオンとは?」と書かれている下の[詳細]をクリックします。新しいタブが開きます。


 gmailbu7


 

開いた「ADD-ONS」のタブで、右上の検索窓に[importexport]と入力します。検索で現れる、[ImportExportTools]が今回Thunderbirdにインストールするアドオンです。[Thunderbirdへ追加]をクリックします。セキュリティの設定によっては、本当にインストールしてよいか確認を求められますが、そのままインストールします。


 gmailbu8


 

インストールが終了したら、Thunderbirdを再起動してインストールしたアドオンを有効にします。以上で、Thunderbirdにアドオンをインストールする手順は終了です。

 


mboxデータをThunderbirdで読む

いよいよ、mbox形式のファイルをThunderbirdで読み込みます。

 

Thunderbirdの左コラム(受信トレイなどがあるところ)を右クリックして、[新しいフォルダ]を作成します。


 gmailbu10


 

フォルダの名前は、例としてGmailBackUpとします。


 gmailbu11


 

できたフォルダを右クリックして、[ImportExportTools]→[mboxファイルをインポート]を選びます。


 gmailbu12


[単一または複数のmboxファイルを直接インポート]を選択し、[OK]をクリックします。読み込みたいmboxファイルを選択(この場合はtest.mbox)します。これで、新しく作成したGmailBackUpというフォルダにmbox内のメールが全て読み込めます。あとは、通常受信トレイからメールを読むのと同じようにして。バックアップしたメールを読むことができます。

 

 

3 thoughts on “【ImportExportTools】GmailのバックアップデータをThunderbirdで読むには?

  1. 良い情報をありがとうございました。
    Gmailをダウンロードして,Thunderbirdで開くことが出来ました。(未熟者で,沢山あるGmailの中から2~3通しか取り込めていません。昨年の秋からの20通ちかくを長期保存したいと思っていますので,もう少し,この方法に慣れるよう研鑽します。)

    • お役に立ったようでよかったです。Gmailからデータをダウンロードする方法についても説明がありますので、もしまだご覧になっていないのでしたら参考になるかもしれません。http://www.shaco-o.com/gmail-backup

  2. ピンバック: Gmailデータをバックアップし、フリーのメールソフトで開くまでのメモ *Ateitexe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です