論文をいつでもどこでも読める、iPad+Mendeley!

論文管理ソフトMendeleyは、iPhoneやiPadでも使うことができます。

 

特にiPadなら、携帯やスマートフォンに比べて画面が大きいので、論文を読むのに適しています。もうたくさんの論文を印刷して持ち運んだり、書き込んだ論文を捨ててしまってもう一度印刷し直したり、という苦労から解放されるのです。これまでに読んだ全ての論文の情報や書き込みをMendeleyで同期させてしまいましょう!

 


Mendeleyをインストールする

iPadのMendeleyアプリをダウンロード Mendeleyの公式ホームページから、iPadやiPhone用のアプリケーションを手に入れることができます。 iPadで次のURLにアクセスして、Mendeleyをインストールしましょう。


https://itunes.apple.com/gb/app/mendeley-reference-manager/id380669300?mt=8


[無料]と書いてあるところをクリックすると、[インストール]に変わります。


mendeley_ipad0
mendeley_ipad1

更にもう一度クリックすると、円のマークが出てインストールされます。


mendeley_ipad2


 


iPadでMendeleyを同期する

インストールが終わったら、すでにMendeleyのアカウントを持っている場合は[Sign in]を選択します。


mendeley_ipad3

パソコンで使っているMendeleyのアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力します。


mendeley_ipad4


 

ログインしたら、インターネットに接続されている環境であれば勝手に同期が始まります。これで、パソコンに入っているMendeleyの論文データ(著者名やタイトル、出版年などの)があなたのiPadのMendeleyからも見ることができるようになります。


mendeley_ipad5


 

ただし、論文のpdfファイルはいちいちダウンロードしなければならないので注意してください。論文自体を読みたい場合は、論文の個別情報から[ダウンロード]を選択します。これだけでダウンロードがはじまり、iPadにpdfファイルが保存されます。


iPadで論文を読む、下線をひく、メモを書き込む

パソコンでMendeleyを使うのと同じように、Mendeleyのpdfビューワーで論文を読んだり、書き込んだりすることができます(ただし、範囲選択してのハイライトができないなど細かい違いはあります)。詳しくは、文献管理ソフトMendeleyの使い方をご覧ください。

iPadでMendeleyを使える環境にしたことで、これまでよりかなり手軽に、フレキシブルに論文を読めるようになりました。おすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です