立ったまま・座ったままできる腹筋運動まとめ



お腹周りが気になってきたら、腹筋運動で集中的に鍛えて引き締めましょう。食事制限と一緒に行うとより効果的です。でも、寝転がって体を起こす昔ながらの腹筋運動は、いつでもどこでもできるというわけではありません。場所を選ばずに腹筋を鍛える方法はあるのでしょうか?

ということで、場所を比較的選ばずにできる、立ったままや座ったままで可能な腹筋運動をまとめました。


 

ニーツーエルボー

立ってできる腹筋運動です。立った状態から、体をひねって左肘を右膝につけ、次に右肘を左膝につけ・・・と繰り返します。何度もやっていると息があがってきますが、息を止めずにひねって鍛えられている筋肉を意識しながらやるのがコツです。

 

画像付きのニーツーエルボーのやり方はこちらから:All About ニーツーエルボー


 

ドローイング

立ったり座ったり、どこでもどんな姿勢でもできるのが嬉しいドローイング。ゆっくり息を吐き、吐き切ったらお腹がへこんだ状態のまま30秒キープします。要するに、腹筋を使ってお腹をへこませた状態を長い時間続けるだけ。通勤時間やエレベーターの待ち時間などを利用していつでもどこでもできます。以前話題になった、ロングブレスダイエットとも共通する部分がありますね。

 

ドローイングのやり方はこちらから:東洋経済online:“腹だけ”痩せる、1日30秒のダイエット法

 


椅子に座って片足だけ上げ下げ

椅子に座ってできる腹筋運動。右足だけゆっくり上げて下ろして・・・繰り返しです。終わったら左足も同様に。太ももも同時に鍛えることができます。

動画では、2:40あたりからこの運動を実演してくれます。上半身をゆっくり左右にひねる動きを同時に加えるのも効果的。動画の説明は英語ですが、実演してくれるのでわかりやすいです。

 


 

立ったままできる10分エクササイズ

こちらも動画で紹介されています。英語ですが、動画を見ながら同じようにやればよいのでわかりやすいです。腹筋を集中的にというよりは、有酸素運動も取り入れて全身のエクササイズという感じですが、特に前半の運動は腹筋に効きます。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です