Latexでitemize・enumerateの行間を詰める方法



Latexのデフォルト仕様では、箇条書きのための行間が広く、見た目が悪いです。自分用に、毎回使っている設定をメモしておきます。


enumerate(数字つき箇条書き)の行間詰め

以下の設定を¥documentclassから¥begin{document}までの間に貼り付けるだけです。

¥let¥oldenumerate¥enumerate
¥renewcommand{¥enumerate}{
¥oldenumerate
¥setlength{¥itemsep}{1.2pt}
¥setlength{¥parskip}{0pt}
¥setlength{¥parsep}{0pt}
}


 

itemize(数字なし箇条書き)の行間詰め

以下の設定を¥documentclassから¥begin{document}までの間に貼り付けるだけです。

¥let¥olditemize¥itemize
¥renewcommand{¥itemize}{
¥olditemize
¥setlength{¥itemsep}{1.2pt}
¥setlength{¥parskip}{0pt}
¥setlength{¥parsep}{0pt}
}

enumerateとitemizeどちらも行間を詰めたい場合は、上記の両方を貼り付けてください。


以下のページを参考に、数値を調整して使っています。ありがとうございました。

あす☆ぷら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です