真夏でも足の冷えは厳禁!レッグウォーマーで蒸れない・冷えない体をつくろう。



梅雨があけて本格的に暑くなってきました。ついつい脚をだして、涼しい服装をしてしまいがちです。でも、エアコンが効いた室内で脚を冷やすのは、自律神経の乱れや血行不良を招き、頭痛や肩こり・貧血などの体調不良につながります。 エアコンの効きすぎた部屋で、頭痛がしてきたり体が冷えたりなど、覚えのある方も多いのではないでしょうか?

たとえエアコンをつけていなくても、胴体や頭は暑く感じていても、足だけは冷えていきます。夜寝ているときも、足を出したままにせず温めるのが夏バテを予防するポイントです。

そこでオススメなのが、レッグウォーマーや靴下などで、足首だけでも温めること。脚全体を出したままでも、足首だけ温めておけばかなり効果的に冷えを防止することができます。靴下だと足の指先が蒸れるので、指先があけておけるレッグウォーマーが最適です。

・普段からレッグウォーマーで足首を温める
・入浴の際はゆっくり湯船に浸かって脚を温める
・ふくらはぎや足裏をマッサージして血行をよくする
などが、足の冷えを防止するために効果的です。夏の冷えを防止して、健やかに猛暑を乗り切りたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です