目先の仕事に追われていませんか?ー長期的な視点で自分に必要な時間を確保ー


○○したいけど、そんな時間はない!

file000786402730

キャリアアップのための勉強時間を増やしたいと思っても、日々押し寄せる雑務やメールに追われてなかなか時間を確保するのは難しいものです。仕事で”今”必要な業務には締め切りがありますし、やらなければ周りに迷惑をかけます。それ以外にやりたいことがあっても、ノルマもなければ迷惑をかける人もいないとなれば強制力は働きません。当然、締め切りがある当座の仕事ばかりが優先されてしまいます。こんな話を聞いたことがあるでしょうか。

一人の木こりがいた。木こりは朝早くから夜遅くまで、毎日木を切っていた。あるとき、近くを通りかかった老人が木こりに声をかけた。

「あなたの斧はぼろぼろだ。どうして斧を研がないのかね?」

木こりの答えはこうだった。

「木を切るのに忙しくて、斧を研ぐ時間なんてないのさ!」

 

この話は、「木こりのジレンマ」という名前でも知られる寓話です。目先の仕事に追われて、長期的な目で見れば最も重要なことを怠るのは愚かなことです。仕事の効率は、確実に悪くなっているのですから。締め切りのある仕事に精一杯で、自分のために最も必要な時間がとれないのはまさにこれと同じです。

 

このように、やりたいと思っていても時間が確保できないものには、例えば次のようなものがあります。

  • 業務のための資格取得の勉強
  • キャリアアップのための勉強・情報収集
  • 定期的な運動
  • 趣味の時間

これらは、”今”やらなければどうしても困るというものではないため、後回しにされてやらずじまいになってしまいがちです。けれど、長期的な目で見ると、これらはどれも非常に重要なものばかりです。目先の仕事に追われて勉強や情報収集を怠れば、いつまでたっても目先の仕事に追われるままでキャリアアップはままなりません。運動する時間が確保できなければ、長期的な体調管理は難しいです。また、趣味の時間を確保する余裕もなく四六時中仕事ばかりでは、アイデアの広がりも生まれませんし豊かな人生とは言えません。

 


長期的にみて必要な時間を確保する

私は、一日30分を必ず、そのような長期的に必要な時間にあてることにしています。とはいえ、やりたいことはたくさんありますし、時間は有限なので、曜日によってその30分に何をするかをあらかじめ決めてしまいます。例えば、

  • 月曜日:仕事のアイデア出し(次のプロジェクト発案など)
  • 火曜日:運動(ジョギングなど)
  • 水曜日:趣味
  • 木曜日:仕事の情報収集
  • 金曜日:運動
  • 土曜日:予備日
  • 日曜日:趣味

という感じで組みます。以下は、計画をたてるときのコツです。

  • アイデア出しなど、頭を使う仕事は週のはじめ、リフレッシュできている状態の方がよくできます。ここでアイデアを考えておくことで、一週間の残りのスキマ時間に「月曜日に考えたときは○○だと思ったけど、××でもうまくできそうだな」などアイデアが湧いてくることもあります。要は、頭の中に考えているテーマを抱えておくことが重要なのです。
  • 30分と決めていても、30分で終わる必要はありません。一回始めてしまえば勢いで1時間くらいはできることもあります。要は、始めるきっかけとしてこのような計画表を作っておくのです。長くなりそうな仕事(例えば、情報収集)は、他の雑務が少なく時間が取れそうな曜日に入れておくと、興が乗ったとき時間を気にせず取り組めます。
  • 運動は、一週間に2・3回しかやらないのであれば、1日おき、2日おきなど偏らないように配分するのがよいでしょう。
  • 予備日を作っておきましょう。忙しくて結局取り組めなかったことは、この日にやってしまいます。
  • 計画したものの、実行するのを忘れてしまっては元も子もありません。私はToDoリストにこの計画を入力してしまいます。張り紙などに書いて、忘れないところに貼っておいてもいいでしょう。

計画して満足してしまわないで、忘れずに毎日取り組んでいくと、少しずつですが確実に長期的にやりたかったことが実現に近づいていきます!


iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です