MATLABを使ってみる1(基本的な使い方・四則計算)



数値解析ソフトといえば、Mathematica・MAQTLAB・Mapleあたりが有名です。

  • Mathematica・Maple:数式処理ソフト
  • MATLAB:数値処理ソフト

という違いがあるようです。私はMathematicaに慣れているのですが、最近MATLABにも手を出しつつあります。


基本的な使い方

コマンドウィンドウに数式を打ち込み、リターンキーを押すと計算できます。

例えば、”3″の後にリターンキーを押すと


mtlb0
答えは”=3″と表示されます。

 

mtlb1


 

 

 


MATLABで四則演算をする

四則演算等の記号

  • 足し算(和): +
  • 引き算(差): –
  • 掛け算(積): *
  • 割り算(商): /
  • べき(累乗): ^ (2の3乗なら、”2^3″)

Mathematicaとほとんど同じ記号が使えるようです。

 

計算例

文字xとyに、数字を代入してみます。”x=1″と”y=2″をそれぞれコマンドウィンドウに打ち込み、リターンキーを押します。

mtlb3

これで代入ができました。

 

mtlb4
“x+y”[リターンキー]で、xとyに代入した数値を使って答えを計算してくれます。

 

mtlb5
ちなみに、数値を代入していない文字を使おうとすると警告が出ます。未定義の文字は使えません。


 

mtlb6
掛け算(積)ですが、”3 x”では積として認識してくれないようです。ちゃんと積の記号*を使って”3*x”と入力すると、3×xを計算してくれます。

Mathematicaでは、スペースをあけておけば勝手に積だと認識してくれますが、MATLABはそうではないのですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です