マインドマップの作り方 -mind42-



マインドマップの作り方(基本)でアナログ的な、マインドマップの作り方(MindMeister)でwebツールを利用したマインドマップ作成を紹介してきました。今日は更に、mind42というウェブサイトでのマインドマップの作成方法を解説します。


 

MindMeisterとmind42の比較

  • MindMeisterはシステムが日本語表記に対応しているが、mind42は未対応(マインドマップ作成自体は日本語でできる)
  • MindMeisterは字の大きさや色が可変だが、mind42は変えられない。
  • MindMeisterはメモやto doなど細かいカスタマイズが可能だが、mind42はシンプルなマインドマップ作成機能のみ

こうして比較してみるとMindMeisterのほうが優れているように見えます。しかし、mind42は操作がシンプルでわかりやすく、必要最低限の機能は揃っていますので、私はmind42を利用することが多いです。

 

 


mind42の使い方

1.”Sign up”からメールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録します。

 

2.”Sign in”からサインインして、画面左上の”New mind map”をクリック。マインドマップのテーマを入力する。今回は、「英語力をつけたい」をテーマに考えてみます。

 

mind42

 

 

 

3.テーマの右下にある+をクリックすると、下の階層(子供の支線)のテーマが作成できる。

 

mind420

 

 

3. を繰り返して、マインドマップの支線を増やしていく。

 

4.作成途中、支線が増えすぎて目にうるさくなった場合は、テーマの-をクリックしてその子供の支線を省略することができる。クリックするたびに+と-が切り替わる。

 

mind421

操作がシンプルなので、操作に余計な労力を割かずにアイデア出しに集中できます。

 

 




マインドマップの作り方 -mind42-” への2件のコメント

  1. ピンバック: マインドマップの作り方(応用) -MindMeister- | しゃこメモ

  2. ピンバック: マインドマップの作り方(基本) | しゃこメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です