成田空港 北ウェイティングエリアで休むのに必要なもの



正月休みに、成田空港を利用しました。第2・第3ターミナルを利用する人で、早朝便、フライト乗り継ぎの関係から長時間待機しなければならない場合には、北ウェイティングエリアで休養することができます。今回利用してみたので、感想をレポートしておきます。なお情報は、2017年1月現在のものです。


 

ウェイティングエリアの場所

ウェイティングエリアは、第2ターミナルの1階にあります。LCC利用の場合は、第3ターミナルから第2ターミナルへの移動ルートからウェイティングエリアへ行くことができます。第3ターミナルから、歩いて10分程度を見込んでおけばよいかと思います。

詳しい場所は、公式ウェブページから確認できます。

 

ウェイティングエリアについて

ウェイティングエリアはかなり広く、以下のような感じです。

  • 大部分が横になれるタイプのベンチで占められています
  • 畳のスペースもあり、かなり広かったです
  • 人はほとんどおらず、私が行ったときは全体で5人いるかいないかでした。1人1人十分なスペースがありました
  • 暖房はついていました。
  • 充電用のコンセントなども充実していました。足りないことはないと思います
  • 飲料の自販機だけでなく、軽食の自販機もありました
  • 多くの人は横になって仮眠をとったり、スマホを充電しながら眺めたりしてすごしていました
  • 人が少なかったこともあり、かなり静かで仮眠もとれる雰囲気でした。清掃や警備の人が頻繁に見回りなどに来ていましたが、大きな音や声が出ることはありませんでした。ただし、少人数でも大声で話したり、咳がうるさい人が入ってくれば周りが静かなだけにかなり気になるだろうとは思います。運です
  • キッズスペースもありましたが、5歳以下の幼児がなんとか遊べるかなという程度の遊具しかありませんでした。6歳以上だと厳しいと思います。
  • キッズスペースと、ベンチや畳スペースがある区間は自動ドアで区切られていますので、それほど音は気にならないと思います
  • 大きな荷物やスーツケースなどを持っていっても、十分置くスペースがあります。仮眠を取る場合は、防犯上コインロッカーに預けたほうがよいとは思います

 

ウェイティングエリアに持っていったほうがよいもの

利用して必要だと思ったのは、以下のものです。

  • アイマスク・耳栓……防犯のためか夜間でも電気が煌々とついており、かなりまぶしかったです。また、咳や話し声などが気になる場合に備えて、耳栓もあった方がよいと思います。
  • 毛布やダウンジャケット……暖房はついていましたが、スペースが大変広いため、十分あたたかいとは言えませんでした。座っている分には平気ですが、仮眠をとるならば体温が下がりますので、防寒用の毛布などがあった方がよいと思います。私は寒くて目がさめました。ウェイティングエリアに人が少なく、混んでいる第3ターミナルのソファで横になっている人がかなり多いのは、そちらの方があたたかいからだと思いました。

以上、これから利用する方の役に立つ情報があれば嬉しいです。
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です