Powerpointで2段階で動くアニメーションをつくる方法



先日パワーポイントを使っていたとき、2段階で動くアニメーションを作ろうとして少し手間取ったので、作り方をまとめておきます。使ったのはパワーポイント2011 for Macです。

2段階で動くアニメーションとは?

例えば、下の図のように丸がまず右へ動いて、その後下へ動くようなアニメーションのことです。①と②の動きを、続けて一気に行うときはその形のアニメーションに設定すればいいだけです。まず①と動かし、その後クリックしたタイミングで②の動きをして欲しいときは、2段階で設定する必要があります。


pani0


 

2段階で動くアニメーションをつくる方法

上の円を例に紹介します。

1.まず、動かしたい図形を描きます。


pani1


 

 

 

2.メニューの[アニメーション]→[軌跡]から、最初の動きを選びます。ここでは例として、直線での動きにします。


pani2


 

 

 

3.これで、まず右に直線的に動くアニメーションができました。メニューで[アニメーション]を選択している間は、点線の→で動きが示されています。


pani3


 

 

 

4.次に、2番目の動きとして、その矢印の先から下へ伸びる直線を2.と同様にして引っ張ってみます。


pani4


 

方向は合っていますが、図形の初期配置を始点とする矢印が自動的に描かれてしまいます。これでは、下図のように一回右に動いた後、また元の位置に戻って下に動くアニメーションになってしまいますので、困ります。

pani5


 

 

 

5.2番目に描いた矢印をドラッグして、その始点を1番目に描いた矢印の終点にもっていきましょう。矢印の近くにカーソルをもっていくと、カーソルが白い手のマークに変わります。このようにマークが変わったら、矢印を選択できます。もしできない場合は、図形の近くにある[四角で囲まれた2]のマークをクリックしてから、もう一度試してみてください。

pani6

これで、2段階で連続して動くアニメーションが作れました。



応用すれば、2番目の動きを好きなところから始めるアニメーションもつくることができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です