SDカードの写真データが消えた!救済策は…<画像復活.com>



前回に引き続き、記録メディアのデータがいつの間にか消えてしまって自分では復旧できない時に使えるサービスの紹介です。前回は無料ソフトRecuvaを紹介しましたが、実際に消えてしまった直前の撮影データを復旧してくれたのは画像復活.comです。

画像復活.com

  • Internet Explorer経由で、消えてしまった画像データの復旧を行います。
  • 有償で、一回2000円。データ復旧ソフトを購入した場合、windows 7/8などの新しいバージョンに対応しているものは7000~8000円以上します。たびたびデータが消えるということがないならこのサービスで充分ではないかと思います。
  • 画像の復旧のみで、動画データなどは復旧できません。私が試した時も、画像のみ復旧できました。
  • 自分で消去作業を行って消したデータと、直前に事故で消してしまったデータの両方が復旧されました。事故で消してしまったデータに関しては、少なくとも無料ソフトより強力に復旧してくれます
  • 復旧できる画像データのうち、10枚まではサンプルとして無料の状態のままで復旧してくれます。そこから、全てのデータを復旧しようとすると2000円課金が必要です。自分が欲しい写真が復旧できることを確かめてからお金を払うシステムなので、復旧できる見込みがわからないまま高いソフトを買うより安心できます
  • 支払いはクレジットカード決済です。
  • ブラウザ経由で操作するので、復旧したデータが吸われてしまう危険がある可能性があるかもと少し不安に感じました。復旧を試すのは、万が一不特定多数に見られても害がないデータメディアだけにした方がよさそうです。今のところ、私が試したデータでそのような事態にはなっていません。

 

使い方

1.Internet Exploreで画像復活.comにアクセスします(他のブラウザだと、Internet Exploreを使うように警告されます)。「復活する」をクリックします。

gazouhukkatu1

2.使用許諾契約書を読み、「使用許諾契約書に同意する」のチェックボックスにチェックを入れて、下の「復活する」をクリックします。

gazouhukkatu2

3.画面の指示に従って、画像復活.comを「信頼済みサイト」へ登録します。下のチェックボックスにチェックを入れて、次に進みます。

4.画面の指示に従って、ActiveXのインストールについて許可します。

※ただし、私が試した時は画面にあるような情報バーのメッセージは出ませんでした。次のステップに進めていくと、「ActiveXのプログラムをインストールして実行する必要があります」というような警告ウィンドウが出ました。

5.その後も画面の指示に従って操作を進めます。10枚ほど復旧データができたところで、支払いをして次のステップに進むか聞かれます。そこで自分の復旧したい画像データの一部が復旧されていることを確認できたら、2000円払って全てのデータを復旧すればよいのではないかと思います。

 


動画データは復旧できませんでしたが、このサービスのおかげで消えてしまった画像データがすべて復旧できました。助かりました。

SDカード、価格の安いものも出回っていますが、そういうものはやはりデータが消えるといったトラブルを起こしやすいようです。旅行写真など撮り直しのできないものは、高くても信頼ができるメーカーのカードがいいのかなと思いました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です