SDカードのデータが消えた!救済策は…<Recuva>



やっと一週間終わりましたね。

このブログの趣旨からは少し離れますが、最近助かったサービスがあったので紹介します。

 

recuva0

 

SDカードのデータが消えてしまって、データを取り出せないまま再フォーマットしなければならないということが時々あります。そのまま諦める前に、データの復旧ができないか試す価値はあると思います。

Recuva

利点と特徴

  • 無料ソフトです。
  • Windows 2000/xp/vista/7/8 に対応
  • 削除したファイルを復元できます。
  • コンピュータのハードディスク内でも、SDカードやUSBメモリなどの記録メディアでも利用できます。
  • 事故や衝撃で壊れたり、消えたりしたファイルのデータ復旧もできるそうですが、故意に消去したファイルの復元に比べて得意ではなさそうです。
  • データが消えてしまった(故意に消したのではない)SDカードで復元を試したところファイルは復元されました。しかし、復元されたのは以前に故意に(消去操作で自分で)消したデータで、直前に事故で消えてしまったデータは復旧されていませんでした
  • 写真データだけでなく、動画も復元されていました。
  • 以上のことから、動画など写真以外のデータの復旧や、自分で故意に消したファイルの復旧に関しては使えるソフトだと言えそうです。

使い方

1.ダウンロードしてインストールすると、ウィザードが開きます。「次へ」をクリックします。

recuva1

2.復元するファイルのタイプを選びます。私の場合は、SDカードに写真データと動画データが入っていたので、「すべてのファイル」を選択しました。

recuva2

3.次に、復元したいファイルがある場所を指定します。SDカードやUSBメモリなどの記録メディアの場合は、「メディアカードまたはiPod」か「特定の場所」から「参照」をクリックして直接ディスクを選びます。

recuva3

4.準備ができたら、「開始」をクリックします。「詳細スキャンを有効」のチェックボックスにチェックを入れておくと、より丁寧にファイルをスキャンしてくれるようです。私が試した時は、「詳細スキャンを有効」にチェックを入れてなかった時は必要な写真データは復旧されませんでした。いくつかの隠しファイルが復旧されただけでした。ですので、「詳細スキャンを有効」にチェックを入れることをおすすめします。

recuva4

5.スキャンが終わるまで待ちます。私が試した時は、だいたい15分くらいかかりました。

recuva5

6.復元できるファイルのリストが表示されます。「ファイル名」と書いてあるところの左のチェックボックスをチェックすると、全ての復元可能なファイルが選択できます。その状態で、右下の「復元」をクリックします。

7.「フォルダーの参照」ウィンドウが開き、復元したファイルをどこに置くか聞かれますので、都合のよい場所を指定しましょう。「OK」を押すと、その場所に復元されたファイルが置かれています。

 


実は、このソフト以外に「画像復活.com」というサイト(こちらは有償、windowsのみ対応。後日またレビューします)を試しました。こちらの方は、有償だけあって事故で消えた写真データをちゃんと復旧してくれました。

 

最初からデータが壊れてたら使えませんが、データはまめにバックアップしておかないとだめだと痛感しました。
LB イメージバックアップ CD起動版2



SDカードのデータが消えた!救済策は…<Recuva>」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: SDカードの写真データが消えた!救済策は… | しゃこメモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です