成田空港 北ウェイティングエリアで休むのに必要なもの

正月休みに、成田空港を利用しました。第2・第3ターミナルを利用する人で、早朝便、フライト乗り継ぎの関係から長時間待機しなければならない場合には、北ウェイティングエリアで休養することができます。今回利用してみたので、感想をレポートしておきます。なお情報は、2017年1月現在のものです。

続きを読む

女性の出張には必需品、ミニハンガー

出張の時、荷物はなるべく少なくしたいですよね。一泊ならまだしも、1週間くらいの長期の出張だと、衣類を洗濯したりホテルクリーニングに出したりするとかなり荷物のかさが減らせます。

そんなとき便利なのが、ミニハンガー。かさばらない下のような小さな洗濯バサミ付きのハンガーです。衣類はホテルクリーニングに出せても、女性の場合は下着類をクリーニングに出すのは抵抗がある人も多いものです。ミニハンガーを持っていれば、下着類も自分で浴室などに洗濯して干すことができます。Tシャツなどの軽い衣類まで干すことができます。

 

 

下のようなヒモ状のハンガーもあります。ホテルによっては、浴室にこういうヒモハンガーをひっかける突起がついているところがあります。必ず突起がついているとは限らないので、私は上で紹介したミニハンガーの方をよく使っていますが、もしヒモハンガーが使えるとシャツやズボンなどの重めの洗濯物も遠慮なく干せるので、こちらも便利です。

飛行機で移動中ちょっと嬉しいスープサービス

飛行機で移動中、温かい飲み物が欲しい時ってありますよね。でも、機内で寝るつもりならコーヒーだと目が冴えてしまうし、緑茶だと利尿作用があるので窓側の席だと困ります。
consommesoup

続きを読む

出張で荷物はいらない!レターパックを使いこなす

レターパックなら、出張先から気軽に荷物を送れる!

出張先で興味のあるものを見かけた時や移動中に読んだ本が面白かった時、それを家に持って帰りたいと思いますよね?だけど、出張の間ずっとそれを持って歩くのは大変。かといって、宅配便で自宅まで送るとけっこう高いものです。距離や大きさにもよりますが、だいたい1000円~かかることが多いです。そんなとき、郵便局のレターパックなら、A4までの大きさのものなら全国どこへでも均一350円で送れます。送り方は、封筒を買って送りたいものを入れ、そのへんのポストに投函するだけ。特に書籍を送るのに適しています。また、封筒の形を歪めれば少し幅のあるものでも入れられます。私はドレッシングの瓶を緩衝材に包んで送ったことがあります。3年前まで、エクスパック500として知られていましたが、レターパックとしてバージョンアップしています。

  • レターパックライト:350円で、郵便受けまで送ってくれる。大きさはA4まで。
  • レターパックプラス:500円で、対面受取り。大きさはA4まで。

たいていの物なら、レターパックライトで充分そうです。エクスパック時代は手紙(信書)は入れられませんでしたが、レターパックでは入れられます。細かい違いは、郵便局のサイトで確認できます。

 

問題は、レターパックは郵便局でしか購入できないこと。週末や休日は、たいていの郵便局は休みなので手に入りません。休みでも開いている郵便局はすごく混んでいることが多いので、並んでまでレターパック封筒を買うのも時間の無駄……と思っていたのですが
続きを読む