冊子印刷機能で、中折りされた両面2upの印刷をするページ順

最近のコピー機は、中折り機能がついたものがあります。この中折り機能を利用して中折りされた両面2up印刷(次の図)をする方法について。




こんな感じで真ん中を折って印刷したいのであれば、冊子印刷機能を使うときにページ数を工夫する必要があります。もし普通どおりに1〜4ページを並べて冊子印刷してしまうと、ページ順がおかしくなってしまうためです。冊子印刷にした場合のページ順は、ジャストシステムのページで解説されています。

コピー機にかける順番は、1枚めだけ最後に回して「2→3→4→1」の順に並べて中折り印刷すれば、上の図のとおりになります。

※コピー機の種類によって事情が違うかもしれませんので、参考程度にしてください。

 


成田空港 北ウェイティングエリアで休むのに必要なもの

正月休みに、成田空港を利用しました。第2・第3ターミナルを利用する人で、早朝便、フライト乗り継ぎの関係から長時間待機しなければならない場合には、北ウェイティングエリアで休養することができます。今回利用してみたので、感想をレポートしておきます。なお情報は、2017年1月現在のものです。

続きを読む

両面印刷するとき、裏移りしない紙の厚さとは?

多くの人に配るチラシ(ビラ、フライヤー)を、できるだけ多くの情報を載せるために両面印刷にするなら、どんな紙を選べばよいでしょうか?薄い紙だと、両面に印刷すると裏移りして、裏面の印刷が透けて見えてしまいます。でも厚い紙にすると、紙がかさばるし、薄い紙に比べて値段も高くなります。どのくらいの厚さなら、ギリギリ裏移りしないのでしょう。

続きを読む

数式を書きたいときに便利な、インストール不要の手書き風10のフォント【windows版】

afont

数式の中の記号としてアルファベットを入力するなら、ヒゲのないa・筆記体のlなどが欲しいときがありますよね。ここでいうヒゲ付きとは、図のようにaの上から線がでてないことを言います。このヒゲ、正式にはヘアーラインと呼ばれているようです。ちなみに書き終わりの線はテールと呼ばれているみたいです。手で書いたように、ヒゲがつかないaなどを含むフォントでWindowsで使えるものはどういうものがあるのか調べてみました。

続きを読む

引っ越しや宅配便で、大量の本を箱詰めするときのポイント

大量に本を箱詰めするとき、適当に段ボールに入れてしまうと本の重さに耐え切れず段ボールの底が抜けてしまうことがあります。特に春先の引っ越しは、プロではない短期バイトの人たちが扱うことも多いので、荷物の扱いが乱暴になりがち。箱を開けてみたら、中のものが壊れていたり傷んでいたりすることもあります。段ボールの底が抜けて、大事な本を傷めてしまわないためにはどういうことに気をつければよいのでしょうか。
続きを読む

あなたの個人情報、どこから漏れてる?簡単に情報ルートを調べる方法

a1180_002153買い物したりサービスを受けたりした時に、住所や電話番号を記入させられたりすることってありますよね。その後、覚えのない会社からのダイレクトメールが届いたりしたことはありませんか?それって、あなたの個人情報が、教えた店舗から漏洩しているのかもしれません。

続きを読む

なぜいつも仕事に追われているの?効率化のために時間を割く

10月に入りました。私は9月はなにかと忙しかったのですが、多かれ少なかれ、仕事が多い時期と多少余裕のある時期というのはあると思います。繁忙期・閑散期という言い方もしますね。

続きを読む

お金をけちって時間を失っていませんか?有意義な時間をお金で買う

自分が学生の頃を思い出すと、お金がなかったのでなるべくお金をかけない方法でいろんなことに挑戦してました。時間だけはあったので。社会人になってからも収入が不安定な時期が長かったので、その習慣を引きずっているところがあったように思います。
money

続きを読む