TexMacsを日本語化・縦書きpdfをつくる方法



TexMacsでpdfファイルをつくろうとしたら、デフォルトでは横長の見た目で出力されてしまうようなので、よく使われる縦長の見た目でpdf出力するための方法をメモしておきます。


TexMacsからpdfへの書き出し

TexMacsの.tmファイルからpdfへの書き出しは、メニューバーの「ファイル」→「エクスポート」→「pdf」を選択すればできます。

スクリーンショット 2016-06-10 23.48.23

ただし、デフォルトの設定では、こんな横長のpdfができてしまいます。

 

スクリーンショット 2016-06-10 23.50.27

 


縦長のpdfを出力するには

横長のページではちょっと、縦長のページを出力したいという場合は、メニューバーの国旗(使用言語が選択できます。日本語化はここで設定できます)の左横にある四角をクリックし、上の2つの選択肢から「Portrait」にチェックを入れてください。逆に横長が良い場合は、「Landscape」にチェックです。横長のモニターで編集する際は、こちらの方が便利です。

スクリーンショット 2016-06-10 23.47.41

ちゃんと縦長のpdfに出力されます。

スクリーンショット 2016-06-10 23.49.14

 


TexMacsについて

TexMacsについての説明を簡単に。
TexMacsは数式編集のためのLaTexを利用する人のためのソフトです。LaTexのソースファイルを編集するのではなく、コンパイルされた見た目そのままのファイルを編集することができるため、ユーザーフレンドリーな環境でLaTexを利用することができます。

 

TexMacsのダウンロードはこちらから。

http://www.texmacs.org

WindowsにもMacにも対応しており、不完全ながら日本語モードもあります。上のメニューバーの”download”からインストールできます。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です