MacからWindowsにThunderbirdのデータと設定を移行する方法



Thunderbirdのデータを移す時、送信したEメールやサブフォルダなどの設定や環境ごと移せた方が便利ですよね。MacからWindowsに、Thunderbirdのデータや設定を丸ごと移動する方法を紹介します。

 


まずMacで、引っ越ししたいデータファイルを探します。

[Finder]を起動して、[移動]を選択します。


thunderbirdmacwin0


 

選択した状態のまま[option]キーを押すと、選択肢の中に[ライブラリ]という選択肢が現れるので、クリックします。


 thunderbirdmacwin1

 


[ライブラリ]→[Thunderbird]→[Profiles]と選択していき、[Profiles]の中にある[(ランダムな英数字1).default]というフォルダを探します。(ランダムな英数字1)のところは、任意の英数字羅列です。このフォルダをまるごと、USBメモリなどにコピーしてWindowsのパソコンにもっていきます。


thunderbirdmacwin2


 

Windowsには、Thunderbirdをあらかじめインストールしておきます。

 

 

[C\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Thunderbird\Profiles]というところに、先ほどMacで見つけたような(ランダムな英数字2).defaultというフォルダがあります。[ユーザー名]というところには、自分のWindowsパソコンでのユーザー名が入ります。(ランダムな英数字2).defaultの前の部分は、先ほどMacで見つけた(ランダムな英数字1).defaultとは英数字の羅列が違うので気をつけましょう。

 

このフォルダの名前を、(ランダムな英数字2).oldwin_defaultのように名前を変えます。WindowsにThunderbirdをインストールしたばかりなら、今使っている設定やデータを今後使わないと思うので消してしまってもかまいません。再度使うかもしれない場合は、一応名前を付けかえてフォルダを取っておきましょう。


 thunderbirdmacwin3


さっきMacから引っ越してきた(ランダムな英数字1).defaultを、(ランダムな英数字1).oldwin_defaultがあるフォルダにコピーします。そしてコピーしたファイルの名前を、(ランダムな英数字1).defaultから(ランダムな英数字2).defaultに変更します。この名前変更によって、Macから引っ越してきたフォルダをThunderbirdが読み込んでくれるようになります。

 

この操作の後、Thunderbirdを再起動すれば、Macで使っていた設定やファイルのままメールが見られるようになります。

 

 



参考にしたサイト:raining Thunderbirdを別のPCに移行(引越し)する

ネットショップ戦略会議室 Thunderbird メールデータ移行備忘録(MacからMac)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です