【途中経過】ウェブサイトやブログが twitterからスパム判定されたら?



twitterでリンクを辿ろうとしたら、「あなたが訪問するサイトは、安全ではない可能性があります。このリンクは、有害の可能性があると警告されています。」という警告ページに飛んだことってありませんか?

→ その後解決しました!【解決編】twitterでURLがスパム扱いされてツイートできない場合の対処法

twitterclaim0

こんな場合、ツイートする側の立場では、URLを貼り付けてツイートしようとした時に、マルウェアが組み込まれている可能性のあるURLだと警告されてツイートできないのです。twitterから、ツイートすること自体できないのです。特に、自分のウェブサイトやブログへのリンクを貼った時にこのような扱いをされるとがっかりですよね。私も、自分のこのブログのURLがtwitterでツイートできるようになるまで少し手こずったので、その間調べてわかったことを書いておきます。


原因

自分のサイトにマルウェアやスパイウェアが仕込まれていたり、スパムサイトであるわけでもないのに、twitterからこのような判定を受ける場合に考えられる原因はなんでしょうか?

  • 独自ドメインをとってサーバを借りてサイトやブログを運営している場合、借りているサーバでスパムサイトを運営している人がいた場合は、巻き込まれてスパム判定されてしまうことがあるようです。Amebaやはてななどでブログを運営している場合はこのような巻き込まれスパム判定はなさそうです。
  • 私の場合は、独自ドメインかつ開設してから間もないブログだったため、「スパムではない」という情報が得られなかった→とりあえずスパムの「可能性がある」という判定をされた のではないかと思います。

 


対策

 

 その場しのぎ

URLがそのままではツイートすることすらできないのですが、URL短縮サービスを使ってURLの文字列を変えてしまえばツイートすること自体はできます。URL短縮サービスはいくつもありますが、例えば以下のサイト

などです。ここに変換したいURLを入力して変換すれば、例えば

http://www.shaco-o.com/ → http://urx.nu/5AJ9

のように短い文字列に変換してくれます。変換後のURLなら、twitterでツイートすることができます。ただし、ツイートされたURLをクリックすると、「あなたが訪問するサイトは、安全ではない可能性があります…」という例の警告文が出てしまうので、根本的な解決にはなってはいません。ただ、URLを載せた文をツイートすることができるようにはなります。

 

twitter公式にクレーム

twitter社に、自分のサイトはスパムサイトではないというクレームを入れてみました。

 1.「自分のサイトがマルウェア、またはスパムと判定された」のtwitterサポートページにアクセスします。

そこに書いてあるスパム除外の基準を自分のサイトがクリアしていることを確認したら、次に進みます。下の図の◯で囲ってある「こちらからお問い合わせ…」をクリックします。


twitterclaim1


twitterclaim2


2.「スパムを報告」ページへ。「Twitterがスパムと判断したため、リンクをツイートできません。」をチェックします(3.の図を参照してください)。


3.リンク(URL)・ユーザー名・メールアドレスなどを記入します。全て記入したら、「送信する」をクリックします。


twitterclaim3


4.記入したメールアドレスに、twitterからメールが確認のメール(自動配信)がすぐ届きます。リンクの内容を確認しますと書いてはありますが……


twitterclaim4


 

最初にこの手続きをしてから3週間たってやっとURLをそのままツイートできるようになったので、対策をしてもらうまである程度時間がかかるとおもったほうがよいです。メールでその後連絡がくることもありませんでした

 


解決までの経緯

現在では、URLを直接ツイートできるようになりました。ここに至るまで、2回twitter公式に上記のクレームをして、最初のクレームからはちょうど2ヶ月かかりました(一度は解決したように思えたのですが、なぜか再度警告がでるようになったので、もう一度同じ手続でtwitter公式に申告しました)。経緯は以下のとおりです。

1.9月半ばごろtwitter公式に上記の手続きでクレームをした。

2.約1ヶ月後に、警告無しでURL入りツイートができるようになった。

3.その半月後くらいに、またURLを入れるとエラーがでてツイートできなくなった。

4.再度twitter公式にクレームを入れる。

5.2回めは1週間ほど後に、警告無しでURL入りツイートができるようになった。

 


解決できた原因?

結局、警告が出ないようになった原因として思い当たるのは次の2つです。

  • 上で紹介したtwitter公式へのクレーム→その後メールで連絡がこなかった上、解決するまでクレームから1~3週間もかかっています。本当に効果があったのか疑問が残るところではあります。
  • ブログ開設から時間が経つ・サイト訪問者が増える→ブログ開設から時間が経って、訪問者が100人/日くらいになってきてから、twitterで直接URLをツイートできるようになりました。このようにそのブログやサイトに関する情報がある程度得やすくなると、スパム判定が解除されるのではないかと思います。これに関しては確定できる証拠がないのですが、他にスパム判定解除のために特になにかしたわけではないので、これくらいしか思い当たることがありません。解決できた原因がいまいちはっきりせず気持ちが悪いのですが……

アカウントshaco_oでtwitterやっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です