Visual Studio Expressをインストールして、無料でプログラミング



Visual Studio Expressは、無料でVisual Studioの機能の一部が利用できるソフトウェアです。コーディングやデバッグに必要な機能は揃っているので、簡単なプログラミングをするには十分。

また、以前Visual Studio Onlineの紹介をしましたが、Visual Studio Onlineを使うには、Visual Studioがそのパソコンにインストールされている必要があります。有料のVisual Studioでなくても、無料でインストールできるVisual Studio Expressでも使えます。今回、Onlineを使うために、Expressをインストールしましたので、その記録を書いておきます。


環境

  • インストールするパソコンのOS: Windows 7
  • インストールするソフトウェア: Visual Studio Express 2013 for Web

 


インストール手順

Visual Studio Expressのダウンロードページから、Visual Studio Express 2013 for Webを選び [ダウンロードページへ]をクリックします。OSがWindows 8の方は、Visual Studio Express 2013 for Windows 8が対応しているようです。



vbe0


 

[Download language]で[日本語]を選択し、[Install now]をクリックします。



vbe1


 

名前やメールアドレスなどを記入します。Visual Studio Onlineのアカウントをまだ持っていない方は、ここでアカウントを作っておくとよいでしょう。最後の行に適当な英数字を入力するだけです。ここで入力した https://(入力した英数字).visualstudio.com が、Visual Studio Onlineで使うウェブページのURLになります。



vbe2


 

Visual Studio関連のメールなどをたくさん受け取るのがうっとおしいと思われる方は、最後のチェックボックスを外しておきます。

 

全て終わったら、ページ右の↓をクリックして実行ファイルのダウンロードを始めます。実行ファイルをダウンロードして実行したら、いよいよインストールが始まります。



vbe3


 

インストールするには、4GB近くの空き容量が必要です。[ライセンス条項およびプライバシーポリシーに同意します]をチェックして、[インストール]をクリックします。インストールは時間がかかります。わたしの場合、少し古いパソコンを使ったせいもあるかもしれませんが、1時間以上かかってやっとインストールできました。

 インストールが終わったら、[起動]をクリックしてVisual Basic Expressを起動できます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です