Word・Excel(Windows版)で2文字以上の単語に丸をつける



今回はWindowsユーザー向けの記事です。

 

以前、Mac版Wordで単語に丸をつけるという記事を書いたのですが、Windows版WordやExcelでの丸の付け方を求めてこのサイトにこられる方がおられるようですので、Windows版でのやり方も書いておきます。

 

Windows版Excel・Wordで単語に丸の付け方① オートシェイプ

オートシェイプは、Windowsで描いてMacでファイルを開くとずれて見えることが多いので、個人的には信用できないと思っています。しかし、Windows同士でファイルを使うだけなら問題ありませんし、なにより手軽にできます。図ではExcel 2008での方法ですが、Word 2008でもまったく同じでした。

1.[挿入]→[図形]→[基本図形]→[丸・楕円]を選択します。


wincrc0

2.丸をつけたい文字の周りでクリック→ドラッグして、適当に円を書きます。こんな色の丸がつけたいわけではない…!と思われるでしょうがいったん書きます。


wincrc1

3.丸を選択した状態で[書式]→[図形の塗りつぶし]→[塗りつぶしなし]をクリックします。


wincrc2

4.同じように、[図形の枠線]→[自動](好みの色があればそちらを選択)と選択します。もし[自動]で黒にならなければ、色の選択で黒を選びます。


wincrc3

5.[図形の枠線]→[太さ]で好きな枠線の太さを選びます。1ptが自然に見えることが多いです。


wincrc4

6.これで好みの円が書けたと思いますので、円の四隅をクリック→ドラッグして、円の大きさを調整します。2文字以上に丸を付けたい時は、円を真円ではなく楕円にしておきましょう。


wincrc5

7.丸をつけたい文字の上に、円を移動して終わりです。


wincrc6

Windows版Wordで単語に丸の付け方② 囲い文字

Excelではない機能のようですが、Wordでは「囲い文字」という機能を使って丸をつけることもできます。2文字以上に丸をつける場合を中心に解説します。

1.丸をつけたい単語の最初の一文字を選択します。[ホーム]→[囲い文字]と選びます。


winwordcirc0

2.「外枠のサイズを合わせる」を選択して、OKをクリックします。もし、丸をつけた状態で文字が小さく表示されるのが嫌なら、右の「文字のサイズを合わせる」を選んでおきます。


winwordcirc1

3.最初の1文字だけ、丸がつきました。不格好ですね。


winwordcirc2

4.丸がついた文字を右クリックしましょう。[フィールドコートの表示/非表示]を選択します。


winwordcirc3

5.{  }の外に、丸を付けたい他の文字(この例でいうと、「不要」の「要」)がでているので、それを図のように{  }内に入れます。


winwordcirc5

6.{  }内の◯を選択し、右クリックして[フォント]を選びます。


winwordcirc6

7.[文字幅と間隔]→[倍率]で、丸の拡大率を選びます。2文字に丸を付ける場合、300%くらいがよいでしょう。[OK]をクリックします。


winwordcirc7

8.最後に、また{  }で囲まれたところを右クリックして、[フィールドコートの表示/非表示]を選択します。


winwordcirc8

9.無事、2文字に丸がつきました。


winwordcirc9



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です