Mac版Wordで2文字以上の単語を丸で囲むには?



今回はMacユーザー向けの記事です(Windows版Wordで単語を丸で囲む方法はこちら)。

Mac版office製品(office for Mac)を使っている方は、ちょっとした操作がWindows版とMac版で違ってストレスを感じたことがあるのではないでしょうか。特に困るのは、ネットで解説されている多くのマニュアルがWindows用で、必ずしもMacの場合で正しいとは限らないということです。

 

かくいう私も、Mac版wordで文字に○をつける操作にいつも苦労しています。「要・不要」や「男・女」など、Wordの書類に丸をつける機会が忘れた頃にやってきて、あれどうするんだったっけ…と思い出すのに時間をかけてしまいます。


Word for Mac 2011

一文字囲む

“男・女”のように一文字だけ選択して丸で囲む場合です。

スクリーンショット 2013-09-29 19.15.48

1.丸をつけたい文字を選択します。

スクリーンショット 2013-09-29 19.16.20

2.Word上部の「囲い文字」をクリックします。

スクリーンショット 2013-09-29 19

3.丸をどのようにつけるか選択します。周りのスペースに余裕があれば、「文字のサイズを合わせる」が綺麗な見た目になります。

スクリーンショット 2013-09-29 19.16.53

4.できました!

スクリーンショット 2013-09-29 19.17.05

ちなみに上記の操作は、「ホーム」→メニューの「書式」→「拡張書式」→「囲い文字」でも可能です。

スクリーンショット 2013-09-29 19.18.35

 

2文字以上囲む

めんどくさいのはこちらの場合です。「要・不要」で不要に丸をつけたい場合をやってみましょう。

1.1文字を丸で囲む場合と同様にして、まず「不要」の「不」の文字に丸をつけます。

スクリーンショット 2013-09-29 19.17.35

2.丸をつけた「不」の文字を右クリックして、「フィールドコートの表示・非表示」を選択

スクリーンショット 2013-09-29 19.21.43

3.すると、「不要」の部分がこんなふうに表示されます。最初は「要」だけが括弧の外側にでていますので、下のように括弧の中に入れます

スクリーンショット 2013-09-29 19.23.26

4.次に、「不要」の前についている丸を選択して右クリックし、「フォント」を選びます

スクリーンショット 2013-09-29 19.24.40

5.開いたウィンドウで、「詳細設定」を選択して「倍率」を300にします。

スクリーンショット 2013-09-29 19.25.08

この倍率で入力する数字は、丸で囲みたい文字数によります。2文字なら300%でよいと思います。

6.この段階で、Wordのファイルはこんなふうに書かれています。

スクリーンショット 2013-09-29 19.25.36

7.最後にその部分を右クリックして、「フィールドコートの表示・非表示」を選択します。できました!

スクリーンショット 2013-09-29 19.25.53


Word for Mac 2007

上記と同様にできます。ただし、1文字だけ丸をつけるメニューが違うのでそこだけ注意です。「ホーム:→メニューの「フォント」→「囲い文字」と選択します。

 


Word for Mac 2003 またはそれより古いバージョン

これも、1文字だけ丸をつける場合が違うだけです。「書式」→「拡張書式」→「囲い文字」と選択します。それにしても、バージョンアップのたびに場所を変えるのやめて欲しいですよね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です