リンク切れをつくらずにパーマリンクを変更する方法(スタードメイン)



wordpress利用者向けの記事です。このブログのパーマリンクはずっとデフォルト設定のままだったのですが、それでは記事の内容と対応がなくわかりづらかったので、わかりやすいように変えてみました。

  • wordpressでブログを作成している
  • スタードメインのサーバーを利用している
  • ブログ記事のパーマリンク(URL)を変更したい
  • パーマリンクを変更することで、リンク切れが生じないようにしたい(Permalink Redirectというプラグインを利用)

という人の参考になると思います。


パーマリンクを変えることによって何が起こる?

 パーマリンクとは、ブログの個々の記事に対するURLのことです。例えばこのブログページ[http://www.shaco-o.com/wordpress-permallink]だと、[http://www.shaco-o.com]までがブログ固有のURL(ドメイン)で、その後の[/wordpress-permalink]がパーマリンク変更で変えられる部分です。

 

デフォルトの設定では、http://www.shaco-o.com/?p=123 (123の部分は記事によって変わります) のように投稿番号(投稿IDと呼びます)のままです。パーマリンクの部分は、投稿ID以外にも投稿タイトル投稿タグ投稿カテゴリーなどにも変えることができます。では変えることのメリット・デメリットは何でしょうか?

 

パーマリンクを変えると嬉しいこと

  • 投稿内容と関連したパーマリンク(例えば投稿タイトル)にしておけば、URLから内容が推測できます。投稿を管理しやすいです。
  • 投稿IDをパーマリンクにしていると、ブログのサーバーを引っ越しした時にIDと投稿の紐付けがぐちゃぐちゃになってしまい問題が起こるそうです。詳しくはこちらのウェブサイトなどを:はじめてのWordPress
  • 投稿内容と関連したパーマリンクの方が、GoogleやYahoo!などのサーチエンジンの検索にひっかかりやすいという話もあります(投稿IDのままとそれほど変わらないといっているウェブサイトもあり、これについては真偽がよくわかりません

私は特に2番目、サーバーの引っ越しの際に問題が起こるというのが気になって、パーマリンクの設定を変えることにしました。サーバを変える予定はありませんが、今使っているサーバがサービスを中止した場合に備えるに越したことはないと思いました。

 

パーマリンクを変えるデメリット

  • 投稿のURLがまるごと変わってしまうので、それまでに他のウェブサイトからリンクされていても全てリンク切れになってしまいます。他のブログからのリンクはもちろん、はてなブックマークやTwitterのリンクも全てです。ただし、この問題は後に述べるPermalink Redirectというプラグインで解決できます
  • URLが変わることで、Googleなどサーチエンジンの順位が一時的に(一週間ほど)落ちるそうです。詳しくはこちらのブログに:Ateilexe WordPressパーマリンクを変更して1ヶ月、アクセス数の変化レポート

 

というわけで、リンク切れの問題はPermalink Redirectというプラグインで解決できそうだったので、変更しました。

 


 パーマリンクの変更手順

プラグイン Permalink Redirect をインストールする

 先に述べたとおり、パーマリンクを変更するとURLが変わってしまいます。しかしこのプラグインを導入しておけば、変更前のURLから変更後のURLに勝手に転送してくれるので、変更前のURLにアクセスしても変更後の方に移れます。

 

Permalink Redirectを以下のサイトからダウンロードします。

Permalink Redirect

[Download: Permalink Redirect Plugin 2.0.5 (ZIP, 5.3kb, 2011-04-17)]と書いてある方のリンクからダウンロードし、解凍します。解凍してできたフォルダを、自分のWordPressのあるサーバにアップロードします。場所は、/wp-content/plugins/ です。(WordPressのインストールしてあるフォルダ→wp-content→plugins と進んでください。自分がいままでインストールしたプラグインの名前がついたフォルダがあるはずです。そこに、解凍後のフォルダを追加します)

※プラグインの追加は、必ず上のリンクから一度自分のパソコンにダウンロードしたフォルダを使ってください。これは、scott yangという人の作成したプラグインです。WordPressの管理画面からインストールできるのは、Permalink Dedirectと同じ名前ですがJoost de Valkという別の人が作った別のプラグインですので気をつけてください。

 

WordPressの管理画面から[インストール済みプラグイン]を見ると、Permalink Redirectが追加されていますので、有効化します。

 

その後管理画面の[設定]→[Permalink Redirect]を選択します。[Old Permalink Structures]という欄に、今のパーマリンクの設定を書き入れます。私の場合はデフォルトのままhttp://www.shaco-o.com/%post_id% となっていたので、[/%post_id%]と書き入れます。post_idは投稿IDのことです。入力が終わったら、[Update Options]をクリックして確定します。

※もし自分の今の設定がわからなければ、Permalink Redirectの画面で[Current Permalink Structure:]の後に表示されています。もしくは、WordPressの管理画面から[設定]→[パーマリンク設定]で調べることもできます。[デフォルト]にチェックが入っていれば、/%post_id%と入力すればよいです。

 

パーマリンクの設定変更

WordPressの管理画面から、[設定]→[パーマリンクの設定]を選択します。変更したいものを選択しましょう。もし自分で好きなURLを付けたいなら、[カスタム構造]を選んで[/%postname%]を入力して[変更を保存]をクリックします。これで、パーマリンクが投稿タイトル(日本語のタイトルだと文字化けするので、意味の通らない英数字の羅列されたURLになります)になるので、後で手動でパーマリンクを変更することができます。


wp_plr2


 

[変更を保存]をクリックした後、画面の上に[.htaccess を更新する必要があります。]と表示されたら、設定を変更する必要があります。

スタードメインのスターサーバーで独自ドメインを利用している場合は、スタードメインにログインして、[スタードメイン管理]から設定を変更したいドメインの[サーバー管理ツール]→[ホームページ FTPアカウント設定]→[ログイン]と進んでください。サーバーに置いてあるファイルの一覧が表示されるはずです。そこで、[.taccess]という名前のファイルを探し、黄色い歯車のマークをクリックします。


 wp_plr0


 

[権限]→[数値指定]で644と入力し、[変更]をクリックします。これで、.taccessに関するエラーがでることはなくなります。


 wp_plr1


 

 

パーマリンクが投稿タイトルのままでよいなら、これで終了です。

もしパーマネントリンクを日本語ではなく英数字にしたい場合は、投稿からパーマリンクが直接編集します。編集後、[OK]をクリックして投稿自体の[更新]をクリックします。これでも、変更前のURLから変更後のURLに問題なく転送してくれました。


 wp_plr3


 

 


参考にさせていただいたウェブサイト:

りくまろぐ

WordPressの歩き方

パシのSEOブログ

 


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です